いっしょ家つうしん 2011年11月10日号

落ち葉が舞う候、みなさん、お変わりありませんか?
いつもお世話になり、本当にありがとうございます<(_ _)>
今、いっしょ家の2階の窓は、飴色になった吊るし柿ののれんでいっぱい。お年寄りたちが、毎日手が痛くなるくらいせっせと柿の皮を剥き、上手につないだものです。自然の恵み、おいしいですよ(^_^)

11月27日(日)13時〜 総会を開催します!

おかげさまでデイサービスいっしょ家は6月でオープン3周年を迎え、記念の「いっしょ家まつり」を開催、利用者さんやご家族、ご近所の方たち等、雨の中たくさんの方が参加してくださいました。入院中の春枝さんが家族総出で来られたのにみんな大感激!NPO会員さんたちの大活躍やスタッフみんなのおかげで楽しい1日になりました。ありがとうございました。
そして、特定非営利活動法人いっしょ家は、この10月で5期目に突入!来る総会では、第4期の報告と第5期の展望をみなさんとともに考えます。変遷を続けるいっしょ家を、あなたも検証してください。法人会員のみなさんは、欠席の場合下記の委任状をお送りください。よろしくお願いします。

スマイル写真コンテストに入賞!

11月11日の介護の日のイベント「スマイル写真コンテスト〜介護の世界から生まれる笑顔」においていっしょ家が優秀賞に輝きました!暖かな秋の一日、朝からみんなでおにぎりを作って、近所の公園へ。おいしいお弁当を広げ、陽射しもいっぱい、お腹もいっぱい、政子さんと颯斗くん(10か月)が手を取り合ってにっこり。はやちゃんはママの加奈恵ちゃんといっしょに出勤、お年寄りたちをいつも笑顔にしてくれています。11月8日、AOSSA県民ホールでの表彰式に、おしゃれした政子さん、名カメラマン八田さんとともに出席しました!

夏休み報告!

いっしょ家の1年は、春休み→GW→夏休み→冬休み…という養護学校の長期休暇とその間で成り立っています。毎日を無事に乗り切ることで精一杯の休み期間と、次の休みがどうなるのか?というキョーフを抱く残りの日々です。
そして、今年の夏休みは最もハードでした。お年寄りの高齢化・重度化による利用増加で、休み前から手いっぱい。とても子どもたちの利用希望に添える状態にあらず。大好きな子どもたち、みーんなに来てほしいのに、大幅に削らざるを得ず、リストとにらめっこして頭を抱え、あたふたと夏休み突入。ところが突然の入院やリタイアでスタッフが欠員。頼れる助っ人かくさん、2回目の震災ボランティアで出逢ったナース清水さん、静岡の恵子ちゃん、明石の宏美ちゃんコンビ、養護学校の先生たち…ボランティアさんに大いに助けられながらいっぱいいっぱいの暑い毎日。介護実習の大学生にもプール等、たくさん助けてもらいました。まっ黒でボロボロ、くったくただったけど、やっぱりめちゃめちゃ楽しかった!!!
お年寄りと子どもたちがチームワークで昼ごはんのお手伝い、ビミョーな会話のラリーが可笑しいドライブ、水着を新調した石川さんもニコニコの学校プール、・・・思わず笑顔がこぼれるような温かい交流が当たり前にあって、いいな〜って場面もあり。余計にパニックを煽ってしまう年寄りの「うるさい!」、杖を片手にあわや乱闘?の場面もあり。ハラハラドキドキのにぎやかな夏でした。全部ひっくるめてのいっしょ家がおもしろくて楽しいって、心から思います。・・・が、からだが持ちません。正直、冬休みは無理です(毎回言ってますが)

今村さん90歳がんばっています!

この1月に脳梗塞を発症、3か月入院。独居のため、病院からは施設入所を勧められたものの、本人は自宅に帰ることを切望。いっしょ家もケアマネさんらと協力して住宅改修等、全面的に退院を支援。週6日いっしょ家、1日パワリハ利用、ヘルパーさんも入って一人暮らしを支えていました。ところが7月中旬肺炎で再び入院。ベッド上のみの生活で、足は萎え、頭は100%ボケてしまった!「肺炎が治ったから」と退院を迫られたけど、夏休みの真っ最中。盆休み入りと同時に迎えに行って、不安にならないよう夜だけ3日間いっしょ家に泊まり、その後はちゃんと以前と同じ生活を続けられています。本人曰く「頭の中にもやがかかっていたけどだいぶ晴れて来た」毎日のように「今日は休もうと思っていたのに」と言いながらしっかり着替えをして待っている今村さん。有華ちゃんや未奈美ちゃんを可愛がっては目を細めています(かわいい女の子限定)
ボケてたって大丈夫!今村さんってすごい!心から誇りに思います。 (池田)

inserted by FC2 system